印税

著者がkindle Unlimitedによって得られる印税

過去にAmazon出版によって得られる印税について解説しました。

【KDP】AmazonKindle出版での印税(ロイヤリティ)売上は2パターンあなたが電子書籍を出版する目的はなんでしょうか。 ほとんどの方が以下の3つに当てはまると思います。 記念出版 印税...

今回はその中でも、Kindle Unlimitedによって著者が得られる印税のみについて深掘りしていきます。

読まれたページ数×約0.5円もらえると考えよう

著者がKindle Unlimitedによって得られる印税は、読まれたページ数×約0.5円と考えてください。順に説明していきます。

Kindleダイレクト・パブリッシングの管理画面の販売データ一覧は2つの棒グラフの推移でできています。

上が注文数、下がKU および KOL を通じて読まれた KENP (Kindle Edition Normalized Pages)です。

読まれたページ数×0.5円が分かる方は、下のKU および KOL を通じて読まれた KENP (Kindle Edition Normalized Pages)になります。(画像はグラフの棒がないものを表示しています。)

Kindle Unlimited開始前からこの棒グラフは存在していたのですが、Unlimited開始以降、多くの著者がこちらからも印税を手に入れられるようになり、一般化していきました。

出版している電子書籍が、Kindle Unlimitedを通して読まれると、読まれたページ数分だけオレンジの棒が伸びていきます。

この棒グラフを確認していると、だいたいの月の売上が分かるようになります。

そこでの注意点が1ページ=1円ではなく、だいたい平均して約0.5円ということです。

その1ページあたりの金額については、KDP セレクト グローバル基金などによって月ごとに変動していくので、以下の記事で確認してみてください。

KDP セレクト グローバル基金と1ページあたりのロイヤリティー推移KDPセレクトに登録されている電子書籍は、既読ページ数に応じてグローバル基金の分配金を受け取ることができます。 グローバル基金自体...

ここ最近だと2019年1月と2月はどちらとも約0.53円で読まれたページ数が計算されています。一時期は0.6円を超えていたこともあるので、やや下がり気味の印象を受けますね。

ページ数が多ければ多いほど、0.5円より大きい数字になれば売上の大きさも変わるので、1ページあたりの金額は毎月チェックしていきたいところです。

 

Kindle Unlimited加入者でも対象本を購入できる

脱線しますが、Kindle Unlimited対象本でも、もちろん購入されることは多々あります。その際の注文による売上も著者は受け取ることができます。

また、読者側がKindle Unlimitedに加入しており、Kindle Unlimited対象本を読み放題で読むのではなく、購入することも実は可能です。

購入画面で、購入オプションを表示をクリックすることで、購入画面が表示されます。

↓↓↓

そのため、著者は読者側がKindle Unlimitedに加入していても、していなくても、購入による印税は受け取る可能性は十分にあります。

とはいえ、読み放題に加入している方が、通常購入することは極めて稀なことだとは思いますけどね。

 

今回は以上となりますが、覚えておいて欲しいことはKindle Unlimitedで得られる印税の核は読まれたページ数×約0.5円ということになります。

 

Amazon出版の著者ならば、こちらの記事もどうぞ。

Kindle Unlimited対象本として出版する方法Amazon出版された電子書籍は、読者側が普通に購入して読めるだけでなく、Kindle Unlimitedという読み放題サービスでも読め...