KDPセレクトとは?Amazon出版するならKDPセレクト登録は必須

 

Amazon出版をしている方なら、KDPセレクトについてなんとなく理解していると思います。

しかし、これから出版を考えている方は、KDPセレクトは登録するのかしないのかで少し迷うかもしれません。

そこで、今回はKDPセレクトについて詳しく解説します。

KDPセレクトとは?

KDPセレクトはAmazonKDPにて以下のように説明されています。(その下で要約してます)

任意登録の KDP セレクト プログラムに本を追加すると、より多くの読者に自分の本を知ってもらい、多くの収益を受け取る機会が得られます。KDP セレクトには本を 1 点から登録でき、複数の作品や、作品すべてを登録することも可能です。KDP セレクトに本を登録すると、日本、ブラジル、インド、およびメキシコの読者への販売に対して、70% のロイヤリティを受け取る権利が得られます。登録の準備ができたら、「本棚」の本の横にある「アクション」メニューから「KDP セレクトに登録」を選択します。KDP セレクトへの登録の詳細については、ヘルプ ページをご覧ください。本を Kindle ストアの独占販売にすると (これは KDP セレクト登録期間中の必須要件です)、その本は Kindle Unlimited (KU) および Kindle オーナー ライブラリー (KOL) にも追加されます。出版者は、KU または KOL の利用者がその本を読んだページ数に基づいて、KDP セレクト グローバル基金の分配金を受け取ることができます (支払い額の計算方法についてはこちらを参照)。

さらに、KDP セレクトに登録すると、いくつかの新しいキャンペーン ツールにアクセスできます。Amazon.com および Amazon.co.uk で入手可能な本について Kindle Countdown Deals (期間限定の本の割引キャンペーン) を実施したり、本の無料キャンペーン (期間限定で世界中の読者に本を無料配布) を実施したりできます。

KDP セレクト

 

やや難しい文章なので、分かりやすく箇条書きにすると以下のようになります。

  • 印税率が70%になる
  • Kindleストア独占販売となる
  • KindleUnlimited,Kindleオーナーライブラリー対象本に
  • KDPセレクト分配金を受け取ることができる
  • キャンペーンツールの利用が可能になる

 

KDPセレクトに登録することでさまざまな特典を受けられます。

登録方法は電子書籍を出版する際の「Kindle 本の価格設定」からおこないます。

その場所とやり方については、【Amazon電子書籍出版】KDPへの出版申請〜出版完了までの手順のKindle 本の価格設定をご覧ください。

 

【勘違い注意】KDPセレクトは1冊ごとに指定できる

KDPセレクトは登録したほうが良い!というと、「全ての出版した電子書籍がKDPセレクトに登録になってしまうの?」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

これはそんなことはなく、1冊ごとにKDPセレクトに登録するかしないか出版申請時にチェックを入れることができます。

なので例えば、「この電子書籍はKindleUnlimitedで読まれたくないな…。」と思ったら、チェックをつけなければ大丈夫です。

臨機応変にKDPセレクトに登録するか、しないか判断すれば良いでしょう。

以下でKDPセレクトに登録した場合としない場合のメリット・デメリットをお話しします。

 

KDPセレクトのメリット・デメリット

ある本をKDPセレクトに登録した場合、メリットとしては以下のことが起こります。

  • 印税率が35%→70%になる。
  • Unlimitedやオーナーライブラリーで読まれたページ数も収益になる。
  • 無料キャンペーンを利用することができる。

 

しかし、メリットと感じられることの中にはデメリットもあります。

Unlimitedやオーナーライブラリーで読まれるということは、購入されることがなく、中身を実質無料で読まれてしまうということになります。

中身が充実していれば、読まれたページ数による収益で稼ぐことができますが、そうでなければ、収益を上げにくい電子書籍となる場合があります。

 

そして、重要なデメリットとして90日間のKindleストア独占販売の強制があります。

これはKDPセレクトに登録した電子書籍は90日間は他のストア等で販売することができないというものです。

これを破ると、Amazonからメールが届き、変更しない場合は出版が停止となってしまいます。とはいえ、Amazon専門で出版しているのなら、あまりデメリットにはなりません。

また、以下のように再登録も可能です。

独占販売の要件違反のために KDP セレクトから本を削除された場合も、その本のデジタル版が他の場所で入手できないことを確認でき次第、本を再登録することができます。

KDPセレクト独占販売

 

さらに【KDP】AmazonKindle出版での印税(ロイヤリティ)売上は2パターンの記事でも紹介した早見表を再度載せますが、価格設定の制限はデメリットになりうる方もいるでしょう。

 

ただ、あまりにも高い価格をつけても購入されないのが電子書籍なので、250~1250円の範囲で販売すれば問題ありません。

 

KDPセレクトは登録することがオススメ

私の結論を言ってしまうと、KDPセレクト登録は、ほぼ全ての電子書籍でおこなうべきです。

他のストアで販売する予定がない限りは、印税率70%+読まれたページ数による収益を得た方が良いでしょう。

反対にこう考えた方が良いです。

KDPセレクトに登録しない限り、印税率が35%になってしまう。

半分以上Amazonに持ってかれますので、稼ぎにくさを感じるはずです。

KDPセレクトに登録することで、収益が向上すると捉えることをオススメします。

 

 

関連記事

アマゾンアカウントの会員登録方法【Amazon出版する方は必須】

【著者セントラル】Amazonに著者ページを作る方法と注意点