パソコンノウハウ

MacからWindowsに送る、文字化けしない圧縮(Zip)ファイルを簡単に作る方法【MacWinZipper】

 

MacユーザーがWindowsユーザーにZipファイルを送信するとき、ファイル名が文字化けを起こすことや不要なファイルが中に混入してしまうことがあります。

私もココナラでEPUB化したファイルをZipファイルにして送信した時に、この現象が起こりました。

Macユーザーであれば、データ納品時などに、相手側がWindowsユーザーだと頻発する出来事でしょう。

今回は、MacからWindowsに送る、文字化けしない圧縮(Zip)ファイルを簡単に作る方法を書いていきます。

 

【MacWinZipper】アプリをインストール

こちらを改善する方法は、Zip化する時に「MacWinZipper」というアプリを利用することです。

有料版もあるアプリですが、無料版で問題なく利用することができるので、頻繁にWindowsにデータを送る機会がある方はインストールしておきましょう。

MacWinZipperのサイトを開いたら、ダウンロードにあるお持ちのMacに対応しているバージョンのMacWinZipperをインストールしてください。

 

私がインストールしたのはこちら。

[Mac OS X 10.9~] MacWinZipper バージョン 2.5.3

(↑クリックすると、直接ダウンロードされます。)

Mac App Storeからのインストールはこちら

[無料版] WinArchiver Lite

 

アプリを起動して、ファイルをドラッグ&ドロップするだけ

インストールした後、私と同じように直接ダウンロードした方は、フォルダに以下のアイコンのファイルが存在していると思います。こちらをクリックして解凍します。

[Mac OS X 10.9~] MacWinZipper バージョン 2.5.3

 

解凍すると、以下の画面になるので、左のMacWinZipper.appを右のApplicationsへドラッグ&ドロップします。これで完了です。

アプリケーションへ移動

 

あとはアプリケーションからMacwinZipperを起動して、白と薄い青の場所にZipファイル化したいファイルやデータをドラッグ&ドロップするだけです。

MacWinZipperにファイルを入れる

 

4桁の数字による暗号化パスワードは設定したい方のみで良いです。「Zipファイルを作成」をクリックで、Windowsで文字化けしないZipファイルの出来上がりです。

 

これでWindowsユーザーに快適にZipファイルを送ることができるので、文字化けしてつまずいている人はぜひご利用ください。