出版ノウハウ

EPUBファイルをZip化して編集し、再度EPUBファイルにする方法

 

EPUB化したファイルをZip化することはめったにしないことですが、Zip化して中身を直接編集することによって、より高品質なEPUBファイルを製作することが可能になります。

でんでんコンバーターによる製本では作れない複雑なEPUBデータも、直接編集すればできてしまうので、このやり方は覚えておいて損はありません。

ですが、そこから再度EPUBファイルに戻すまでの作業が少し面倒なので、一つずつ確認していきましょう。

 

EPUBファイルをZipファイルにする

まず、EPUBファイルをZipファイルにします。

この時、EPUBファイルをそのまま圧縮するのではなく、「.epub」を「.zip」に変えます。でないと、EPUBファイルの中身を確認することができません。

OK  〇〇〇〇.zip

NG  〇〇〇〇.epub.zip

 

Macだと、この変更を行う時にアナウンスが出るので、「.zipを使用」をクリックします。

 

Zipファイルを開くために、Stuffit Expanderを使用

ZipファイルになったEPUBを開こうとすると、開くことができず、「.cpgz」ファイルが作成されてしまいます。

この「cpgz」ファイルをもう一度解凍しても、左にあるzipファイルがまた作成され、無限ループになってしまいます。(cpgzファイルは不要なので、作ってしまったら削除しておきましょう。)

 

それを解決するために、Stuffit Expanderを使用します。

Mac → Stuffit Expander for Mac – ダウンロード

Windows → Stuffit Expander – ダウンロード

 

私が利用していた時からアイコンが少し変更しているようです。(Mac)

ダウンロードサイトからダウンロードをクリックすると、外部サイトに接続され、ダウンロードとなります。MacはMac App Storeからのインストールになります。

 

Mac App Storeから直接「StuffIt Expander」と検索しない場合、以下の画面で不要なメールアドレスを入力して「FREE Download」をクリックする必要があります。

 

私としては、Mac App Storeから直接検索して、インストールした方が良いと感じました。そして、ダウンロード後にこちらのアイコンが存在しているはずなので、起動します。

起動したら、解凍したいZipファイルを、起動したStuffit Expanderにドラッグ&ドロップしてください。その後、どこに保存するか表示されるので、任意の場所に解凍されたフォルダを保存しましょう。

 

これで、正式にZipファイルを開くことができました。

この解凍されたフォルダの中身がEPUBの中身であり、これらのコードを編集することによってEPUBの文字の位置や画像の大きさ、目次の位置など自由に変えることができます。

本題は次です。

 

開いたZipファイルを再度EPUBに戻す

開いたZipファイルを再度戻す場合に、フォルダの末尾に「.epub」を追加しても正式なEPUBにすることができません。

このフォルダ自体が余計なものと判断されているため、不具合を起こしてしまいます。

なので、フォルダの中身をZip化してから、EPUB化する必要があります。

Stuffit Expanderで解凍した右のフォルダを開きます。

開くと3つデータがあるはずなので、これらをまとめて選択して圧縮してZipファイルにしましょう。

 

Macであれば、「アーカイブ.zip」ファイルが作られます。

この圧縮したZipファイルの「.zip」を「.epub」に変更すれば、正式なEPUBファイルが完成します。

 

手順まとめ

 

  1. EPUBファイルの「.epub」を「.zip」に変更
  2. Stuffit Expanderでzipファイルを解凍
  3. フォルダの中身を編集
  4. フォルダの中身のデータを圧縮してから、「.zip」を「.epub」に変更する

 

やや面倒な作業ですが、EPUBファイルを直接編集したい時には必須の作業なので、一度はやっておくことをオススメします。

EPUBファイルの質が上がります。

以上がEPUBファイルをZip化して編集し、再度EPUBファイルにする方法となります。