出版ノウハウ

Amazon出版で原稿内のAmazonのURLが「この操作は現在サポートされていません」となる状態の解決方法

 

Amazon出版している電子書籍の中に、Amazonのページに飛ぶURLを入れている方はいると思います。

  • 別のAmazo書籍に誘導する場合
  • 別のAmazon商品を紹介する場合

などの場合は商品タイトルやページタイトルを入れるだけではなく、リンクも入れておいた方がいいですよね。

しかし、URLをいれて出版した後に、そのリンクをタップしてみると、「申し訳ありません。この操作は現在サポートされていません。」となってしまいます。

これはAmazon側のなんらかの理由によるものが原因だと思いますが、それでもAmazonへ遷移するURLを機能させたいはずです。

そこで今回はそれを可能にする方法をご紹介します。

AmazonのURLを別の短縮URLに変更するだけでOK

解決方法は簡単で、利用したいAmazonのURLを短縮URLにするだけでOKです。

Google URL Shortener

短縮URLだと、GoogleのURL短縮がもっとも有名だと思いますが、2019年3月30日にでサービス終了となることが確定しています。

なので、その後に再度変更するのが面倒であれば、利用はオススメしません。

URLの変化例↓

https://www.amazon.co.jp/ → https://goo.gl/dTh6vU

どれだけクリックされているかも確認できます。

 

ux.nu

ux.nuはGoogle短縮と同様に短縮が可能です。

利用方法もほとんど同じで、ux.nuのページに行き、短縮したいURLを入力して、短縮するをクリックするだけです。

URLの変化例↓

https://www.amazon.co.jp/ → http://ux.nu/LugKC

 

しかし、こちらはクリック数を確認することはできません。

 

Ow.ly

Ow.lyもGoogle短縮の代わりに勧められています。

ですが、こちらはGoogle短縮やux.nuと違って、アカウントを作らないといけないので、一手間かかります。

やり方はこちら→ 無料で使えるURL短縮サービス4選

 

 

ブログURLから遷移させる方法もある

WordPressでブログを運営している方ならば、ブログの独自ドメインを利用してURLを短縮させることもできます。

WordPressプラグイン Pretty Linksの利用

独自ドメインで運用されているWordPressのドメインでURL短縮できるプラグインです。

こちらを利用すれば、AmazonのURLでも短縮URLにできて、Amazon電子書籍の中でしっかりとページ遷移するURLを作ることが可能です。

URLの変化例↓

https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/hz/bookshelf?shoppingPortalEnabled=false → https://publish-e-books.com/unlimiyo-koso

詳しい使い方はこちら↓

短縮URLを作成できるWordPressプラグイン「Pretty Links」の使い方 短縮URLを利用したい場面はいろいろあると思います。 そこで今回はWordPressプラグイン「Pretty Links ...

 

私は上記の中で利用しているのは独自ドメインのURLの利用になります。

ブログを運営されていない方でしたら、Google短縮がサービス終了まではもっともオススメできます。しかし、そのあとは別のサービスにしないといけないということを忘れないようにしましょう。