出版ノウハウ

電子書籍表紙作成ツールのオススメ3選

 

電子書籍などの表紙を簡単に作れるツールが増えていますが、初心者の方が簡単に作れるものは限られていると思います。

そこで今回は初心者〜中級者が利用できる表紙作成ツールをご紹介します。

また、表紙デザインのコツを知りたい方はこちらを。

電子書籍の表紙デザインを格段に良くする3つのコツAmazon出版においてKindle Unlimited開始以降、原稿内容の重要度が上がりました。 しかし、それでもまだタイトルと...

 

Canva

グラフィックデザインを簡単に無料で作成することができるWEB上で利用できるツールです。

詳しくは以下でご説明していますのでどうぞ。

無料デザインツール「Canva」で電子書籍の表紙を簡単に作る方法。 WEBデザインが少しでもできる方であれば、PhotoshopやIllustratorというツールが有名です。 今回使用して...

操作も簡単なので、ご自身で配置や文字などを決めていきたい方にはオススメです。

 

epub.works表紙作成ツール

簡単に表紙画像が作れる!表紙作成ツールです。

簡単な入力だけで、シンプルな表紙を作ることができます。こちらもWEB上で操作できるサービスです。

私がココナラで提供しているサービス「超シンプルな電子書籍の表紙を作成します」をより良く無料でおこなったものです。

変更できる内容は、

  • 表紙レイアウト
  • 書籍のタイトル
  • サブタイトル
  • 著者名
  • 書籍説明テキスト
  • 帯の有無
  • 背景選択

となっていて、思っている以上に自分が作りたいイメージの表紙を作ることが可能です。

デメリットは、レビューを表紙作成している最中に確認できないことです。

 

<表紙作成ツールを利用して作成した表紙例>

 

epub.works表紙作成ツール

 

 

Photoshop

私はPhotoshopで表紙制作をおこなっています。

しかし、初めて操作するとなると難しく感じて、上手く作れない可能性が非常に高いです。

また、Photoshopは上記2つとは違い、月額課金サービスなのでその点も踏まえておきましょう。

Photoshopの使い方を確認するなら、こちらがわかりやすいです。

ゼロからのPhotoshopの使い方

 

まとめ

表紙制作が電子書籍出版においてはネックだと思いますが、もし無理そうであれば、デザイナーの方に外注するのが良いです。ココナラで優秀なデザイナーの方に依頼すると、5000~10000円程度かかりますが、1冊だけ良いものを出版するというのであれば、あまり問題ないかと思います。