印税

Amazon出版で印税生活は可能かどうか問題

個人でAmazon出版ができるようになり、電子書籍の印税で印税生活ができるのでは?と考えている方もいると思います。

チャリンチャリンと不労収入が入ってくるのを想像するとワクワクしてきますよね。

そこで今回は印税生活は可能なのかについてお話ししていきます。

 

印税生活はかなり厳しいのが現実

残念ながら、結論から言ってしまうと、印税生活はかなり難しいのが現状です。

なぜなら、一冊の電子書籍がヒットしても、必ず売上が下がっていくからです。

これは目に見えて下がっていくので、出版されている方は実感があると思います。

 

出版し続ければ、チャンスはある?

電子書籍を出版し続ける前提であれば、稼ぎ続けることは可能です。
ですが、売れ続ける電子書籍を生み出すのは相当難しいので、基本的には数を増やしていくほかありません。

穴場のジャンルはまだまだあるので、そこを狙いつつ根気よく電子書籍を作り続ける力がチャンスを生むでしょう。

Amazon出版での印税についてはこちらを参考にしてください。

【KDP】AmazonKindle出版での印税(ロイヤリティ)売上は2パターンあなたが電子書籍を出版する目的はなんでしょうか。 ほとんどの方が以下の3つに当てはまると思います。 記念出版 印税...

 

丁寧に渾身の一冊を作り続けよう

電子書籍は完全に質重視です。

質が良ければ、評価の高いレビューが書かれるので、売れ続けやすくなります。

また、読まれている電子書籍であればあるほど、Amazon内での検索でも上位にいくようになっているので、質を高める努力は必須です。

 

そのため、特に表紙と原稿は気合いを入れて作る必要があります。

そうなると、表紙は外注していくのがベストです。

タイトルもかなり練り上げたものにして、最初に反応が悪ければ、タイトルを途中で変えるというのも1つの手です。その場合は表紙とタイトルが違う現象が起こりますが、直せるなら直して、直せないならそのままでも問題ないです。

表紙のコツはこちらをどうぞ。

電子書籍の表紙デザインを格段に良くする3つのコツAmazon出版においてKindle Unlimited開始以降、原稿内容の重要度が上がりました。 しかし、それでもまだタイトルと...

 

印税以外のAmazon出版戦略は?

私もよく考えているのですが、電子書籍を活かした印税収入以外で利益を手に入れる手段はあります。

自分のビジネスに誘導するモデル

こちらは普通の書籍でもよくありますね。
お問い合わせフォームやメルマガ、LINE@などに読者を誘導して、自身がおこなっているスクールや講座、セミナーなどに参加してもらう戦略です。

紙の書籍と違い、メルマガなどにはワンクリックで誘導できるので、登録してもらいやすいですよね。

こうすることで、売上をさらに拡大させることが可能です。

 

 

サイトで電子書籍を売るのも手

サイトを運営されている方は、サイトのまとめやサイトには書かれていないコンテンツを電子書籍化するのも手です。

こちらはかなり優れている戦略で、サイト内からAmazonへ誘導して購入してもらうことで、永続的に利益を上げることが可能となります。

電子書籍の利益+Amazonアフィリエイトの報酬も受け取ることができるので、収益アップが見込めます。

ですが、サイトのアクセス数や検索順位をある程度維持して、購入への導線も作らないといけないというデメリットはありますね。

 

印税生活はなかなか厳しい道のりですが、Amazon出版の収入だけで生活している人もいるはずなので、不可能ではないです。まずは文章を書くことから始めてみましょう。