出版ノウハウ

電子書籍の表紙デザインを格段に良くする3つのコツ

Amazon出版においてKindle Unlimited開始以降、原稿内容の重要度が上がりました。

しかし、それでもまだタイトルと表紙の重要性を無視することはできません。

表紙やタイトルをがらりと変えただけで、購入数は大きく変わってしまいます。

さらに、Kindle Unlimited開始から1年経ち、目の肥えてきているunlimitedユーザーは質の低い表紙は個人著者が書いた質の低い電子書籍と判断し、Kindle Unlimited経由でも読まれる可能性は減っていると考えられます。

今回は、そんな電子書籍の表紙デザインをより良くするコツを3つ紹介していきます。

 

クオリティーの低い表紙は目に入ることすらできないと考えよう。

 

1.  まずは良い表紙を真似て作ってみる

今回は制作ツールについては書きませんが、これから表紙を作ろうと試みる時、どうしても我流でやりたくなってしまいます。

しかし、デザインのスキルが低かったり、自分の中に表紙のイメージがストックされていないと、どうしても良い表紙を作り出すことが難しくなります。

なので、まずは日頃から、あなたが良いと思う表紙を真似て作る練習をしましょう。

寸法

電子書籍の表紙画像の理想的な寸法は、縦と横の寸法比が 1.6:1 です。つまり、画像の幅 1,000 ピクセルあたり 1,600 ピクセルの高さが必要です。特に高解像度の端末で画像の品質を最高にするには、画像の高さを 2,500 ピクセル以上にします。表紙ファイルの理想的な寸法は 2,560 x 1,600 ピクセルです。

注: 画像の寸法は 1,000 x 625 ピクセル以上であることが必要です。画像の最大の寸法は 10,000 x 10,000 ピクセルです。

電子書籍の表紙の作成

表紙サイズは幅1600ピクセル高さ2,560ピクセルでやってみよう。

この公式推奨サイズはやや縦長なので、イマイチと感じたら微調整は必要。

AmazonランキングやAmazonの検索等を利用して、出版したい電子書籍と同じテーマの表紙を選んでみると良いです。

以下のように検索してみると、クオリティーの違いで同じような内容を書いていても手に取りたくなる度合いに差が生まれてきますね。

 

練習は丸々真似しても良いですが、いざ作る際は当たり前ですが丸パクリ厳禁です。

文字の大きさ加減、配置、色合い等だけなら参考にして良いですが、丸々パクって出版することは絶対に辞めましょう。

線引きが難しい部分なので、自己判断でお願いします。

 

 

2. 文字を工夫すると全く違う印象になる

出版する電子書籍のテーマに合ったフォントにしてみる

書籍の表紙をずっと眺めていると、さまざまなフォントが使われていることに気付きます。

商用利用可能のフリーフォントを使うことがオススメで、その電子書籍に合ったテーマのフォントを使うことを心がけてみましょう。

また、オーソドックスに明朝体やゴシック体でも魅力的な表紙はたくさんあります。

 

文字のサイズ感を考えると目につく電子書籍になる

まず以下の2つの電子書籍を見てください。

 

どちらも売れていて、紙書籍として出版されている電子書籍です。

この2冊だと電子書籍の表紙として理想的なのはどちらだと思いますか?

・・・

これは間違いなく右側の「統計思考入門」のほうになります。

電子書籍を購入するAmazonKindleの画面はスマホでもタブレットでも画面が書店に並んでいる本より小さいです。

スマホだと下のように表紙がかなり小さくなり、よりタイトルの重要性が高まります。

 

上記だと、「ハーバードメディカルスクール式 人生を変える集中力」は表紙になにが書いてあるかパッと見た時にほとんどわかりません。

最初に比較した2つの書籍もそうで、「モチベーション革命」は表紙自体はデザインとしては優れていますが、パッと見てスルーされてしまう可能性が高いです。

なので、文字サイズは「統計思考入門」のように大きめに調整すると目立つ表紙になって良いでしょう。

 

 

3. 写真・画像を使うとそれっぽくなりやすい

表紙作成初心者だと、文字だけだとどうしても素人感が漂うことになりがちです。

そこで、フリー素材を上手く使って、表紙のクオリティーを一気に上げる必要があります。

フリー素材サイトは例えば以下のサイトなどです。

そのほかにも数多くのフリー素材サイトがあるので、調べてみるとあなたの表紙に合った写真が見つかります。

 

フリー素材を利用する際は、必ず利用規約を確認し、商用利用可能なもののみ利用すること。

このサイトもぱくたそ、写真AC等を利用してサムネイル画像等を制作しています。

 

 

最後に、表紙を作るのが面倒な方は…

表紙を制作するコツを理解したところで、表紙を作る時間はない!制作ツールが使えない!という方が大半だと思います。

そんな方は、coconalaというサービスで電子書籍の表紙を安く制作してくれる方を探してみることをオススメします。

私もテンプレ型の表紙制作サービスをcoconalaに出品しています。

→ 超シンプルな電子書籍の表紙を作成します(500円)

 

レビューが高評価で制作物が表示されている方であれば、信頼できるのでぜひ制作を依頼してみてください。

 

また、canvaというサービスがあり、簡単に電子書籍を作れる機能があるので次回紹介致します。

表紙がとにかく重要なので、原稿は完璧だけど表紙が酷い…なんてことにならないようにしましょう。

 

無料デザインツールCanvaで制作するやり方はこちら

無料デザインツール「Canva」で電子書籍の表紙を簡単に作る方法。