Amazon

Kindle本を更新(アップデート)する方法

今回はKindle本の更新方法を解説します。

読者側と著者側ではケースが違うので、それぞれについて解説していきます。

Kindle本の更新とは

まずKindle本の更新についてお話しします。

Kindle本は紙書籍と違って、内容がアップデートされることがあります。

Kindle本は誤字脱字や文章の変更・追加などがおこなわれる場合があるということです。

これは電子書籍ならではのメリットですね。レビューなどでも誤字脱字の指摘などがありますから、変更されれば読者側のストレスも減ります。

紙書籍では誤字脱字があっても、すでに出版して刷ってあるものは絶対に書き換えることができませんからね。

読者がKindle本の更新をしたい場合

読者がKindle本の更新をしたい場合ですが、やり方として2パターンあります。

コンテンツと端末の管理から更新できるKindle本を探す

Kindle本で更新できるものを探す場合、Kindle > コンテンツと端末の管理 > コンテンツ と移動して、そこから更新できる本を探します。

更新があるKindle本は以下のように表示されています。

「アップデートがあります」をクリックすると、コンテンツを更新するかどうか表示されます。「更新」をクリックすると更新完了となります。

コンテンツと端末の管理からはKindle側でアナウンスされているものしか更新することができません。

なので、Kindle出版の著者がアップデートしたと告知していても、上記のような表示はされていないと思います。その場合は次のカスタマーサービスに連絡するやり方でおこないます。

カスタマーサービスに連絡して更新してもらう

コンテンツと端末の管理から更新できるKindle本を探す場合は、アナウンスされているものしか更新できません。

なので、それ以外のKindle本を更新したい場合はカスタマーサービスに連絡します。

ヘルプページからカスタマーサービスへ飛んで、「今すぐチャットをはじめる」をクリックします。

あとは本のタイトルもしくはASINを伝えて、新しいバージョンに更新してほしいと伝えるだけでOKです。

Kindle出版した著者がKindle本を更新させたい場合

Kindle出版は個人でもできるのですが、この場合たびたび内容を変更することもあると思います。

その修正された電子書籍を、新しく購入する読者には最新の更新データで読んでもらうことができます。

しかし、元から購入済みだったりKindle Unlimitedでダウンロードしたことが一度でもある読者には最新の更新データで読んでもらうことができません

それを出版している著者側が操作することができない仕組みになっています。

そのため、読者側が自発的に更新しない限り古いデータのまま読まれることになります。

これはなぜかというと、データを最新のものに更新すると、読者がそれまでにつけていたメモやハイライトが消えてしまうことがあるからです。

そのデメリットを上回るケースでしかKDP側に連絡しても更新を受理してくれない形となっています。

それについては、改訂版の電子書籍のコンテンツを読者に送信するに詳しく記載されています。

Kindle本の更新方法についてまとめ

私はKindle本を出版する側として、常に最新の内容を読者に届けたいと思っていますが、読者側の事情が考慮されている仕組みは仕方ないのかなと思います。

自分で自分の電子書籍を最新のものとして確認する際もAmazonに問い合わせれば良いだけなので、そこまで面倒ではないと感じてます。

・関連記事
>> Kindleの無料本を0円で購入する方法と探し方
>> 読書好きならKindle Unlimitedは会員になった方が良い

ABOUT ME
Kube
AmazonのKindle出版に携わってきて、7,8年です。 Kindle出版だけでなく、Amazonの悩み記事等も書いていきます。 Kindle本情報については詳しいので、役に立つ情報を発信していきます。