Kindle Unlimited

Kindle Unlimited 読み放題サービスのオススメ利用方法とPC・スマホからの解約退会方法

2016年8月3日にAmazonで読み放題サービスが開始され、大きな反響を呼びました。

現在でも読み放題サービスを利用している方はたくさんいますし、読み放題サービスをうまく活用してロイヤリティを得ている著者も多いです。

 

Kindle Unlimitedとは?

日本でもKindle Unlimited、月額980円の定額読み放題サービスを開始
書籍、コミック、雑誌を含む和書12万冊、洋書120万冊以上がお手持ちのiOS/Androidスマートフォンやタブレット、
Kindle電子書籍リーダーやFireタブレットで読み放題に

Kindle Unlimited – アマゾン

Kindle Unlimitedの読み放題サービスは、AmazonKindleにある全ての電子書籍が読み放題になるサービスではありません。

初回の30日間は無料でお試しすることができ、まずは無料お試しで良い本があるかを探してみましょう。

Kindle Unlimitedのデメリットとして、ダウンロードしてそのままに同時に利用できるコンテンツは10冊までという点です。

つまり、11冊目をダウンロードした場合、前にダウンロードしていた10冊の中からどれか最低1冊は利用終了しなければなりません。

ただ、Kindle Unlimitedに登録している間であれば、対象本である限り、何度でもダウンロードできるのでそこまで問題ではありません。

 

 

読み放題Unlimitedのオススメ利用方法

私がオススメするKindle Unlimitedの利用方法は、ある分野の情報をまとめて仕入れることです。

例えば、電子書籍の出版方法について知りたい場合、ほとんどのコンテンツは個人が出版しているもので、Kindle Unlimited対象本であることが多いです。

ですので、片っ端から10冊分一気にダウンロードして、全て一通り読んでいきます。

この方法がインプット効率を最大化できる方法となります。

専門書関連の本もUnlimited対象本になっていることが多いので、スキルを一気に学びたい時にはかなり利用できます。

下のように「電子書籍 出版」で検索した対象コンテンツでも300冊以上あります。

 

また、Kindle Unlimitedは月額980円なので、何冊か電子書籍を購入しようとする際に、Kindle Unlimited対象本の合計金額が980円を超えるようであれば、Kindle Unlimitedに登録した方が間違いなく良いです。

その際、問題なのが解約し忘れて2ヶ月目の料金も請求されてしまうことです。

1ヶ月しか利用しないと決めているのであれば、登録してすぐに退会しておく策をとることがオススメです。

その場合でも、料金を払った1ヶ月間は問題なく利用できます。

 

 

解約退会方法

Kindle Unlimitedを解約する方法は簡単なのですが、解約する場所が分からないというケースが多いです。

そこで、PC、スマホ両方から解約する場所と流れを解説します。

PC(パソコン)から解約する場合

PCから解約する場合は、Kindle Unlimited セントラルページに入ります。

この時、Amazonのメール・パスワードを入力するように求められますので、その場合はメール・パスワードを入力してください。

 

また、Kindle Unlimited読み放題のトップページから入る場合は、右にある「Kindle Unlimited マイブック」を表示をクリックすれば同じ画面にたどり着くことができます。

 

そして、左側にあるメンバーシップを管理にある「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」をクリックします。

 

メンバーシップを終了」をクリックすれば解約完了となります。

 

私は何度か登録、キャンセルを繰り返していますが、上記の場合は11/26に登録して、すぐにメンバーシップを終了していますが、12/26(1ヶ月間)までは読み放題サービスを利用できる形です。

 

 

スマホ(iPhone等)から解約する場合

こちらもPCと流れは同じです。

Kindle Unlimitedのトップーページに入り、「会員登録の管理」をクリックします。

 

続いて、下に少しスクロールしたところにある「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」をクリックします。

 

最後に、「メンバーシップを終了」をクリックしてキャンセル完了となります。

 

 

解約方法も非常に簡単なので、まずは無料お試しからKindle Unlimitedを利用してみると良いでしょう。