Kindle出版

デザインツール「Fotor」で電子書籍の表紙を簡単に作る方法

今回は無料で利用できるデザインツールFotorで電子書籍の表紙を作る方法を解説します。

Fotorのユーザー登録方法

まずはFotorのユーザー登録をする必要があります。

ユーザー登録をしないと、作成した画像のダウンロードや素材画像のアップロードなどをおこなうことができません。

なので、まだユーザー登録していない方は最初にFotorのページからユーザー登録をおこなっていきましょう。ユーザー登録済みの方は「Fotorで電子書籍の表紙を作成する」に進んでください。

アクセス後、右上にあるログインをクリックしてください。

ログインをクリックすると、以下のようなポップアップが表示されます。

Fotorのアカウントがない方は右下にある「登録」をクリックしてください。

そうすると、「ログイン」から「登録」に切り替わるので、メールアドレスとパスワードを入力して登録しましょう。

Facebook、Google、Appleアカウントで登録するのも可能です。

これで登録は完了です。

無料トライアルでプレミアム機能を体験することは始めてみても始めなくても大丈夫です。

まずはそのまま操作感などを試していきましょう。

Fotorで電子書籍の表紙を作成する

登録後、さっそく表紙を作成していきましょう。

こだわりのある本の表紙をデザインするのページから、「今すぐ始める!」をクリックします。

新規タブが開いて、「無料でプレミアム機能を体験しませんか?」と表示されますが、上述したように無料トライアルを始めるでも良いし、右上にある×印でスキップしてしまっても大丈夫です。

今回はスキップします。

そうすると、Fotorの管理画面になります。

ここで本の表紙だけでなくYouTubeサムネイルやロゴ、ポスターなどテンプレートから気軽に作ることができます。

今回はPRO版で使用できるダイヤマークがついているものではなく、無料で使用できるテンプレートを選択して表紙を制作していきます。まずはPROと表示されているテンプレート以外を使ってみてください。

文字の入力と編集

文字が入力されている場所をクリックすると、その部分の文字を選択することができます。
まずはメインタイトルにある「About Exercise」を変更していきます。

文字を選択すると上にツールバーが表示されるので、文を変えるだけでなく大きさや色も自由に変更することが可能です。

以下のように全ての文字を自由に変えられます。

写真の変更・追加方法

続いて、写真の変更・追加方法です。

テンプレートに使われている写真を変更したい場合や新しい写真を追加したい場合は、自分のPCに入っている写真をアップロードする必要があります。

画面の左側にある「アップロード」をクリックして、その後にマイクラウドと表示されるので、表示された「アップロード」をもう一度クリックしてください。

そうすると、PCから画像をアップロードすることができます。

アップロードした画像をクリックすると、制作画面している表紙の方に画像が表示されます。

この時、アップロードした画像の左上のチェックボックスを選択すると、画像を削除するかどうかの表示が出てしまうので、チェックボックスと三点リーダー以外の部分をクリックしてください。

一度、元から表示されていた画像を選択してデリートボタンを押して削除してしまいましょう。右クリックから削除でも可能です。もし、その下にも画像があったら、それも削除してしまって大丈夫です。

画像をクリックで選択して、画像のサイズと位置を調整します。

画像のサイズを調整したら、上下の部分に被さってしまっているので、画像を選択したままツールバーにあるレイヤーという項目をクリックして、「下に移動」をクリックしましょう。

こうすることで画像が一番下にいき、上下の重なり部分が上になります。

Canvaでの表紙制作の時にも話したのですが、
画像の上に文字、その上に画像、その上にまた文字が重なっているような「重なり」のことをレイヤーと言います。

そしてエメラルドグリーン色になっている背景部分を選択して、表示されているツールバーの左側にある色を変更して完成です。

表紙のダウンロード

最後に完成した表紙をダウンロードします。

右上にあるダウンロードをクリックしてください。下の画像のように表示されるので、画像名を決めて、ファイル形式を「ノーマルJPG」か「HD JPG」にすればOKです。

「HD JPG」の方が画質が良い表紙になるので、こちらをオススメします。

その下にあるダウンロードをクリックしてダウンロード開始となります。ダウンロード完了の文字が出るまで待ちましょう。

まとめ

Fotorは非常に簡単に表紙が作れます。

テンプレートが豊富にあるので、表紙を作る際はテンプレートを何パターンか利用して作るのも良いでしょう。

また、使い慣れてきたり、パターンを変えたければPRO版を利用して表紙を制作してみると良いです。その時はまずは無料トライアルを試してみてください。