出版ノウハウ

Googleドキュメントの文字数を常に表示する拡張機能「Better Word Count」が便利

 

パソコンで文章を書く場合、あらゆるツールを利用することと思います。
文章を書いている最中に、どのくらい書いたのか、文字数が分かるとモチベーションも上がりますよね。

私も文章を書いている時に、今どのくらい書いたのだろうと気になることがあります。
そこで今回は、Googleドキュメントを使って文章を書く方に、オススメな拡張機能を紹介します。

 

今回使用する拡張機能 Better Word Count

 

まず、Googleドキュメントから新しいドキュメントを作成します。
パソコンからドキュメントを作成した場合、以下のような画面になると思います。

 

画面上部にある「アドオン」をクリックしたのち、「アドオンを取得」をクリックします。

 

すると、アドオンを検索する画面になるので、文字数を表示させることができる「Better Word Count」を入力して検索します。(検索画面は右上)

 

すると、一番上にBetter Word Countが出てくるので、「+無料」をクリックして、利用するGmailアカウントを選択します。
その後、「許可」をクリックすれば、拡張機能が追加されたことになります。

 

Better Word Countを利用する際は、また、上にあるアドオンを選択して、Better Word Count→Open Toolsをクリックすれば開きます。

 

 

初期設定だと右側に表示されます。上から単語数、文字数、スペースを除く文字数を表示させることができます。リアルタイムで表示されるので、更新する手間も不要です。

 

この拡張機能を入れなくても、上にある「ツール」から文字カウントで文字数を確認することはできます。

 

ですが、文章執筆を再開する時は閉じなければならないので、Better Word Countのように表示され続けるもののほうが良いと思います。これを導入してから、Googleドキュメントでの執筆がさらに捗るようになりました。

以上がGoogleドキュメントの文字数を常に表示する拡張機能「Better Word Count」が便利となります。